「屈折」
このネタも、榊博文さんの『説得と影響』からです。
今日はネタを書き、後日なぜそうなるのかの解説を書いてみたいと思います。

①LUXという石鹸が日本で発売される場合、販売元である日本リーバは
欧米のオリジナルバージョンにかなりの修正をくわえているそうです。
例えば、石鹸の包装パッケージをかなり豪華にしたり、
サイズを小さくし、形も丸みを帯びたものにしたり、などです。
色や香り、泡立ちの度合いも違うそうですよ。

②以前国内で販売されていたトヨタ自動車の「セリカXX」。
これがアメリカでは「スープラ」という名前になって販売されていたそうです。

③おなじみのグリコのマークですが、1920年代のものと現在のそれとでは
スタイルがかなり違っているみたいです。

なぜそうなるのかは、案外想像しやすいのではないでしょうか??
ちょっと考えてみてください(^^)
[PR]
by sidearm32 | 2006-03-25 19:08 | 価値観の引き出しを増やす | Comments(0)
<< 「同じ釜の飯」がもたらすもの 自分らしさを生かす発想 >>